kanedaakiraの記事一覧

  1. 絵付けの皿が焼き上がりました。

     栗田美術館で開催された足利秋祭り、その時の絵付けの皿が焼き上がっています。まだ取りに来ていない方、お早めに~。年末年始はお休みですよ。…

  2. 2019年12月

    一年はあっという間で、街にはもうクリスマスソングが流れています。先日足利秋祭りが終了して、しもつけ窯の今年の行事はあといくつかを残すのみです。今日はこれから、近くの小俣幼児生活団で卒園の記念品を作る作業の手伝い。卒園児たちが粘土で器や怪獣などを作ります。もう20年も続いている…

  3. オリジナリティーということ

    しもつけ窯の窯は電気です。上から出し入れするタイプの20キロワットの窯2基。プロパンガスで還元焼成ができます。始めて京都でこの窯に接したときは目からうろこでした。温度の上昇下降曲線も理想的、問屋さんからの注文に機敏に答えられる容量(湯呑みだったら約300点)、…

  4. 少々お高いですが・・・

    しもつけ窯の商品はすべて手作りです。 だからどうしてもそれなりの価格になってしまいます。手間を減らせば少しはおさえられますが、独自の作風にこだわればどうしても手間を惜しむわけにはいきません。 具体例では、一番安いもので箸起きの600円、小皿1500円、湯呑み2000円、マグカップ25…

  5. 益子時代・3

    もう30年も前、益子でお世話になった小口窯は城内坂の北、道祖土(さやど)にある。敷地は500坪ほど、道路側から薪置き場、細工場、登り窯、そして一番奥の少し高くなったところに母屋があった。当然登り窯はその傾斜したところにあった。細工場はかなり古く、たぶん初代が立てたと思われ…

  6. 益子時代・2

    登り窯の燃料は、勿論薪。それも赤松の30・40年ものが一番油が乗っていて火の勢いが良いという。何処の窯場もそのくらいの薪をほしがるから値段が高い。わが小口窯では経費を抑えるために「バッタ薪」といって、製材所ででた商品にならないいわゆるハギレを安くもらってきて、あまり火力が必要…

  7. 益子時代・1

    自分は大学を中退してこの道に入った。年のせいか、ちかごろその頃のこと、いわゆる修行時代のことを良く思い出す。初めて入った窯場は益子の小笠原窯。共販センターのある城内坂を越えて、浜田さんの所を右に折れて500メートル。道路左側に薪が高く積み上げてある窯場だ。薪が積み上げてあると…

  8. テーブルウエアーフェス無事終了

    毎年2月恒例の東京ドーム テーブルウエアーフェス無事終了しました。今年は近年にない良い結果が出たと思います。お陰様です。作品の品揃えや見せ方など過去15年の成果が出たのかも・・。でも、終わってから10日以上たつのにまだ疲れが残っている感じ。無理はできなくなっているなあ…

  9. 特注のカップ&ソーサー

    足利女子高生の背中に輝く 3Line 2Stars カップ&ソーサーの柄にしてみました。喜んでくれるのは卒業生くらいでしょうか?…

  10. 足利秋まつり終了しました🎵

    昨年から始まった陶芸教室生徒さんたちの自作の展示販売、とっても好評でした!絵付け体験も大勢の子供たちに楽しんでもらえたみたいです^_^今年の大きなイベントはこれで全て終了。中々濃い一年でした。…

最近のコメント

    PAGE TOP