足利の山火事

テーブルウエアーフェスティバルの初めてのweb開催が何とか終了して、やれやれと思ったのもつかの間、足利では山火事で大騒ぎです。
一日中消防のサイレンが鳴りやまず、自衛隊のヘリコプターが行き来していやでも緊張感が増します。
電話やメールで、多くの皆様からご心配をいただきました。恐縮です。

しもつけ窯は火事の現場から5キロほど西の風上にあたるため、よほどのことがない限り影響は受けないと思いますのでご安心ください。

ただ、発生からもう4日以上たっているのに消化のめどが立っていないどころかどんどん範囲が広がっているのが手に取るようにわかるのが気持ち悪いですね。
そうなんです。そこで燃えているのが町中から見えているのです。昼間は煙が風にあおられてどの辺に拡がったかがわかるし、夜はオレンジ色の炎の帯がゆっくりと移ってゆくのが見て取れます。

2月25日、5日目の今日は朝から風がやんでいる様子。消火活動が少しでも進むことを祈ります。

ハイカーのタバコの火の不始末が原因と皆が考えています。これで当分落ち葉を庭で燃やすなんてこともできませんね。

おすすめ記事

  1. 所属していた大学美術部の新聞に寄稿しました。

関連記事

  1. 仕事がある幸せ
  2. 「窯出し市」無事終了しました。
  3. 藁灰釉のこと
  4. 益子時代・2
  5. オリジナリティーということ
  6. 生徒さんの作品が焼き上がりました。
  7. おや?こんなところにしもつけ窯のストライプマグが…
  8. 織部茶碗 織部の茶碗
PAGE TOP